カテゴリ:つぶやき( 3 )
はじめまして
b0046520_0174587.jpg

僕はジェイク。誕生日は7月16日なんだよ。
(この誕生日がぼくにとってラッキーナンバーだったんだ。)

僕はペットショップに9月の中頃 ダンボール箱に入れられてトラックでやってきたんだ。
それまでは、ママと妹といっしょにいたんだよ。
でもペットショップでは 僕一人ガラスの窓の部屋に毎日いれられて、いろんな人に
見られていたんだ。
そこは ママ達と一緒だった頃とはぜんぜん違ったけど、ご飯は毎日もらえるし、
若いお姉さん達がかまってくれるし、慣れちゃえばどうってことなかったよ。
ただ1日中狭い部屋にいなくちゃだから、きつかっなー。

ある日 ワクチンがおわったっていいながら、いつも僕を遊んでくれるおねえさんが、ガラスの部屋から、サークルっていうところにだしてくれたんだ。
でもそっちのほうが 大変だったよ。
お店にくる 小さい子が僕をなでたり、さわったり、大人の人もいっぱいなでてくれるんだけど、すごく 疲れるんだ。だって僕はまだ子犬なんだもの。

ある日、お店もお終いの頃、いろんなひとに触られて、疲れて寝ていたら、突然起こされて、
おいしい味のするものを舐めさせてくれたんだ。そしたら急に僕元気になっちゃって、僕を見に来てくれた人達に ぴょンぴょンはねたりしたんだよ。

そして、その人たちの中の女の子にだっこされた時 なつかしい感じだったんだ。
そうだ 僕がこのお店にきたばっかりだったころ、お客さんで、抱っこしてくれた女の子だってわかったんだよ。

僕はそのまま その女の子の家族になったんだ。怖い先輩ワンコのお姉さんが2人もいるけど、毎日 楽しく追いかけっこしているよ。
そして とっても嬉しいのは、海に遊びに行った時、ママと同じ色のおねえさんがいたこと
なんだ。
うちのお姉さん達と違って、ずーっと遊んでくれるので、ぼくは そのお姉さんが大好き
なんだよ。

たまにペットショップにいたことを思い出すけど、まあ イイ経験だったと思っている。
だって あそこのおねえさん達みんなやさしかったから。
でも今のほうが楽だなー。
疲れて寝ていたら、ずっとねていられるし、散歩にも連れて行ってもらえる。
はじめはこわくて、道を歩けなかったけど、今は大好きさ。

あっ 僕の誕生日がぼくのラッキーナンバーだったのは、僕を抱っこして今の家に連れて
帰ってくれた女の子のおばあちゃんの誕生日と一緒だったからなんだって。

じゃあね。僕は眠くなってきたから もう寝るよ。バイバイ

(書いた人:ショコラまま)
[PR]
by ECSRN | 2004-12-12 00:22 | つぶやき
変なんです
9月母の交通事故から家の中がバタバタしていて、アールも変!!
家族の姿がちょっとでも見えなくなると、あっち行ったり、こっち行ったりと探し回り落ち着きがなくなり、ゆっくりト○レにも行けない状態(^^;)
今まではなかったのに、「抱いて、抱いて」と抱っこのおねだり。
寂しい思いをしたから、落ち着くまで仕方がないんでしょうね。
そうそう抱っこと言えば、アールはとても臆病者で何かの気配を感じると怖くで「ワンワン」と吠えながら、怖いから抱いてって凄いんです。
その姿を見ながら母が、「男の子でしょ。しっかりしなさい」って言われています(笑)

最近の写真がなかったので夏の写真です。
MEE&EARLです。これからもよろしくお願いいたします。
b0046520_21173531.jpg

[PR]
by ECSRN | 2004-11-27 21:17 | つぶやき
錦秋の山を越えて
真っ赤な群馬県、谷川岳を越えると、新潟県に入る。

10月23日に起きた中越地震、
小千谷、川口と、2度にわけて、のべ1週間の日程で、
現地でボランティアしてきました。
犬のではなく、人間のボランティアなのですが、阪神
大震災のときにも感じたことを、再度また感じました。

それは、これほどの死傷者が出る大規模災害の場合、
犬やネコの命というものは、本当に後回しにされる、
という事実を、飼い主全員がしっかり認識してほしい、
ということです。
無事な場所にいて、こたつに入ってニュースを見るとき、
「かわいそうな。犬だって家族なのに。」と、簡単に言
えます。が、ひとたび現場に入ったら、そんなことを言
える雰囲気ではありません。人が死にかけているのを
助けるのがどうしたって先だからです。

そのことを、飼い主たちは、しっかりと覚悟しておく必要
があります。つまり、人様のお世話にならずに、自分も
犬も、ちゃんと避難生活を送れるようにしておく。
犬を守れるのは飼い主しかいません。

それには、まず、丈夫な家に住むこと。
ひとたび地震が起きたら、室内にガラスを飛散させない
よう、日ごろから注意すること。
犬は素足です。自宅で避難生活を送ろうという場合、
ガラスが1つでも割れると、犬は行動の自由を奪われます。
電気はすぐに停まりますから、掃除機は使えません。
だから、自分たちで食器棚が倒れないように、食器棚が
開かないように、日ごろから工夫するしかないのです。
人間だけでなく、犬のエサ、水の買い置き。
とくにエサを通販で取り寄せている場合は、通販が出来
なくなりますから、その対策が必要です。
電気が止まるので冷蔵庫での保管が出来ません。
生食をやっている人たちはとくに対策が必要です。
また、自宅が壊れてしまったときのために、テントやアウ
トドアで生活できるように慣らしておいてください。
人間も、犬も、です。

分離不安はなくしておく、人をみてやたらと吠えないよう
にしておく、等の普段の躾もモノを言います。
犬がいることで人間側にストレスが溜まり始めると、近隣
とのトラブルともなります。
逆に、吠えないおとなしい人好きのする犬が1匹いると、
その犬は近隣の人の和みのモトになります。
人の心は地震でずたずたに傷ついてて、みんな寂しくて、
みんな癒されたいと思っています。
そういうときに、犬という無垢の存在を触ることでどれだけ
癒されるか、、、
私自身が今回そのことをはっきりと悟りました。

どうか、皆さんの愛犬が、災害に遭いませんように。
皆さんの愛犬が、もしも災害に遭っても、無事でいますように。
そして、皆さんの愛犬が、もしも災害に遭っても、無事でいて、
その存在がまわりの人間の傷ついた心を癒してくれますように。

スヌードチャリティキャンペーン、心から有難うございました。
お別れの言葉に代えて、このエントリーをおいていきます。
皆様のご健勝とご活躍をお祈りいたしております。 (^-^)/~~

PS
↓この犬が川口のボラセンを訪ねてきてくれたのですが、
ボランティア全員のアイドルになっていました。
ボランティアだって同じだけ傷つき、怖い思いをしています。
だから、吠えない人好きな犬は、セラピードッグとして、
誰にとっても最高の癒しとなるのです

まんじろん@ECSRN元スタッフb0046520_0291412.jpg
[PR]
by ECSRN | 2004-11-21 00:01 | つぶやき



E.コッカースパニエルのブリードレスキューグループメンバーによる リレー形式のブログです。
by ECSRN
最新のトラックバック
ドッグランのある高速道路..
from 生活の便利情報
ECSRNからのお知らせ♪
from 日常的茎匙生姜
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
カテゴリ
全体
平平凡凡な毎日日記
ウチのコの大好物日記
事件です日記
お薦めスポットレポート
ECSRNからのお知らせ
ニュースから
つぶやき
ECSRNチャリティ
活動報告
赤い糸を待つEコッカーたち
近況報告
未分類
以前の記事
2013年 06月
2012年 01月
2010年 12月
2010年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 04月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
Happy living...
わんにゃん奮闘記 【日本...
ブックマーク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧